聞きなれないサラ金と消費者金融の意味は同じ?

サラ金とは?名称を聞くとどちらかといえばほとんどの方が悪い意味や負のイメージを持たれる方が多いことと思います。 今では消費者金融と言う敢えてソフトな名称を違いを持たせて使用していますが、消費者金融と世間一般的には意味は同じで、個人を対象とする小口融資を貸付けする業者のことを指します。 「サラ金」という造られた言葉はとはもともとの由来は「サラリーマン金融」の略語です。 1970年代にサラリーマンを対象とした業者が多かった意味、また市街地に営業所や店舗があることから「街金」と呼ばれていました。 その後、データで見ても自営業者やOLや専業主婦などの利用者が増えたことから「消費者金融」という以前の意味とは異なる名称を使われることが多くなりました。

バブル崩壊後のサラ金の急成長の意味が示すもの

1990年代のバブル崩壊以降に急成長を成し遂げ、以前ではサラ金とは各メディアへの制限が悪い意味を与えるという考えから掛けられていたことによりCMは深夜のみに限られていましたが、1995年以降には、ゴールデンタイムなどにも解禁されるようになりました。 同時に「むじんくん」などの無人契約機の導入も増加しはじめ、従来の暗いイメージの由来を打破することとなりました。 以前は、市街地にある店舗などに訪れカウンター越しに従業員と面と向かい合って初回の融資を受けなければならない罪悪感などがありましたが、郊外や駅前などに設置された秘密裏の無人契約機で24時間気軽にいつでも融資を申し込むことが可能になりました。 このような個人の融資がある意味では気軽にできるようになった点で以前とは違い、審査を受ける利用者を急増させる要因となっていきました。 しかし、これは西暦2000年前後から、全国信用情報センター連合会加盟の情報センターやCIC、全国銀行個人情報センターの個人情報機関による事故を起こしたブラックリストなどの交流が開始され、サラ金は厳格化が図られ、大手の消費者金融では経営方針が向上し健全化していきましたが、中堅業者の中には急激に業績が悪化して倒産していき、大手業者による買収や債権譲渡するものも現れました。 この頃、ヤミ金という意味で呼ばれる個人業者からの搾取の被害報告が全国的に多発しはじめました。

消費者金融よりも悪質なヤミ金の意味を理解しよう

2010年6月18日の完全施行以降に、サラ金の貸金業者の金利が20%を超えていると出資法違反で刑事罰が課せられるようになり、貸金業者は利息制限法に基づき貸付額に応じて20%の上限金利での貸付けを行うように改正されました。 ようするに俗語のヤミ金とは、法人として金融庁の申請に無登録であったり、出資法に定められた金利以上の高利貸しで貸付けを行うという由来の意味です。 他人に知られたくない利用者の心理を傷つける行為で自殺者を増加させたり、返済を続けても完済が困難でいつまでも付きまとわれる語源の意味でも「サラ金とは地獄」としてメディアが報じる社会問題にもなりました。 貸付け希望者にはお金が必要な目的や理由があることと思いますが、合否の審査が相場より甘く、本来はNGの多重債務でも契約ができる金融業には巧みな罠があり、貸金業法が改正された現在でもヤミ金が存在しています。 急にお金が必要になった時、有名どころの都市銀行などに比べて敷居が低く一般人が頻繁にお金を借りやすいという意味で審査が甘いサラ金を利用したいと考えている方もいらっしゃるでしょう。 金利が高い悪質な業者を間違いで選んでしまっては後から取り返しのつかないことになり兼ねます。 いくら急にお金が必要となっても、早急に安易に諦めて妥協せず、金利が低く自分に合った返済方法が用意されているサラ金を選ぶことが長い目で見ると一番重要です。

サラ金【即日】審査なしで100万までOK